MENU CLOSE

デザイナーにオススメ! 配色に選びに使える1冊。
2018/06/28

みなさん、こんにちは。 Mon Webの楠本です。 

今回は先日自分が購入した「配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版]」がかなり良かったので、皆さんに紹介したいと思います。

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版]表紙画像

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版]表紙画像



本の大きさが作業するときにちょうどいい

まず買って思ったのは、本の大きさが横長の長方形である事。 これが作業をするときに結構いいんです。 

自分の環境の場合は、ノートPCからデュアルディスプレイのモニターに繋いでる感じなのですが、本を置くときに縦長だとモニターに本が干渉してきてやりにくかったりするんですよね。 でも本が横長だと、モニターとPCの間に置けるのでストレスなく作業がやれるんです。これはホントいいアイデアだなと思いました。

また横長にする事で、本自体の自立性(開いてそのまま立てて置ける)がいいので、ブックスタンドとか使ったら見やすい位置に調整できるのではないでしょうか。



豊富な配色の組み合わせ

次に良かったのは、収録されている配色の種類の多さです。
様々な配色例を掲載
配色テーマの使用例
上記のようにテーマごとに色々な配色パターンが収録されています。 自分が普段あまり制作することが少ないテーマのものも多数あるので、見てるだけでも勉強になるし、使用例などもあるので実際にその配色を使ってどのような表現が出来るか確認できます。 またそれぞれの配色テーマにタイトルを付けていただいているので、そこからのイメージも出来たりします。

中々配色のみだとイメージが湧かない事が多いのですが、画像のように実際の使用例を掲載していただいてるのでとても分かり易かったです。 こんなイラストにこの配色をするとこうなるんだと目で見て分かるのはとてもありがたいです。



WEBデザイン・DTP両方に使えるようにコードが書かれている

そして、自分が一番良かったと思ったところはWEBデザイン・DTPに両方対応出来るようにそれぞれのカラーコードが書かれている事です。

収録されている配色の例

これはWEBデザイン・DTPを両方やる者としてはとてもありがたいです。 
大体DTPを制作する場合はカラー設定はCMYK、WEBデザインをする場合はカラー設定はRGBで作る事が多いので、両方のコードが書かれていると制作するときにすぐに使える事が出来ます。 

CMYKからRGBに変換をするとちょっとした色味が違って出力する場合があるので、出力の誤差を無くせるのはとても助かります。 



デザインをやる方は持っていて損はない!

いかがでしたでしょうか?
制作する側のことも考えられて作られているので、即戦力になると思います。

デザイン幅をもっと広げたいと思っている人や、今からデザインを学びたいと思っている人には是非とも手にとって見ていただきたいと思います。
下記の画像を押すと詳細のページに飛ぶ事が出来ますので、これを読んで気になった方はご覧になって見てください。

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版]表紙画像

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版]表紙画像