MENU CLOSE

ホームページの出来るまで 分かりやすく説明! ②デザイン編
2018/05/21

みなさん、こんにちは。 Mon Webの楠本です。

前回から引き続きホームページを作るときのお話をしようと思います。 今回はデザインについてお話しようと思います。

昨今はレスポンシブデザインが必須になってきている

最近ではホームページを見るときの手段がとても増えました。 パソコン・スマホ・タブレットなど様々な大きさの画面で見る機会が増えてきました。

デザインが一定であると画面の幅が変わったときに見た目を自動でそれに合わせて変更するレスポンシブデザインが主流になりつつあります。このデザインを制作してプログラミングをする事で、ホームページを見る方々はストレスなくページを見ることが出来るようになります。

では、このレスポンシブデザインが増えてきているでしょうか?
考えられる理由として、
・パソコンだけのデザインだけだと、スマホで見たときにイメージが伝わりにくい
・リンクのボタン等が小さくなってしまい、操作がしにくい
・ホームページの検索順位を少しでも上がるようにするため
などが考えられます。

では、上記の理由を参考にもう少し詳しく話して見たいと思います。

レスポンシブデザインでデザインの統一化を図る

デザインの統一化をすると、ホームページで発信している情報やイメージをより閲覧者の方々に届きやすくなると思われます。
どうしてもパソコン用のデザインのみであるとスマホで見た場合横幅が見切れてしまい、横スクロールをして文字を読んだり、画像を押したりしなくなる事があります。

パソコンでは横長長方形の画面ですが、スマホは主に縦長長方形の画面で見られる事が多いからだと思います。

なので、パソコン版・スマホ版とデザインを発案し規定の横幅からは表示を変更するというやり方で、パソコンの時のデザイン性を維持しようという事でレスポンシブデザインは採用される事が多いのです。
制作するならどの画面で見てもデザインの統一性を図り、見ている人にアピールを強くする事がいいと思います。

ユーザビリティの向上

次に操作性の良し悪しをレスポンシブデザインによって向上させる事が出来ます。

操作性の事をユーザビリティと言いますが、画面が小さくなったときでもこのユーザビリティが高いと閲覧する方々に取ってはストレスが少なくなり、閲覧するページ数が増えやすくなると考えられます。
スマホの時には新たにボタンを変更・追加をしたり、文字の大きさを見やすい大きさにするなど様々な手法があります。

パソコンのデザインから最適なスマホのデザインを考えて提案をさせていただきます。

皆さんが望む検索順位のアップ

次に、デザインの面から自分が考える検索順位のアップについてお話しします。

昨今のGoogleのアルゴリズムで上記で説明させていただいたユーザビリティのし易さやスマホにあった仕様になっているかなども少なからず考慮されていると思われます。

そのサイトが閲覧者に取ってどのような閲覧環境でも必要な情報をしっかり発信できているか?
という事を重要視してきていると思われます。

あくまでも上記は一つの要因であり、それが全てではありません。 様々なSEO対策をして順位は向上したりします。
デザインの面でできる対策を盛り込んだデザインを提案させていただければと思います。

デザインは見た目と機能の両立を考える

最後に上記をまとめると、デザインは見た目も重要ですが機能性も考えて行った方が良いホームページが出来ると思います。

見た目と機能性のバランスを上手く取り、お客様にデザインをご提案できればと思っております。


今回はデザインではどのような事を考えてやっているのかをざっとですが書かせていただきました。 一意見として参考になれば幸いです。

それではまた次回に!