MENU CLOSE

ホームページの作り方 分かりやすく説明! ①ヒアリング編
2018/05/16

みなさん、こんにちわ。 Mon Webの楠本です。



今回から皆さんによりホームページ制作がどのようなものか知っていただくために、私の所の手順を使って色々解説してみようと思います。
中々専門用語とかも多くて理解しにくいと思われてる方もおられるかもしれません。 これからホームページを制作するための参考にしていただいたり、専門用語の理解を深めてより良いホームページを作って見たい方など手順なども一緒に参考にしていただければと思います。



どんなに些細な情報でも教えてください!


まずはクライアント様からどのようなホームページを作りたいかのヒアリングを行います。
お客様によってはしっかりとしたイメージを伝えて来られる方もいらっしゃれば、漠然としたイメージからこちらで形にしていく事もあったり様々なケースがあります。

制作する側としては、
些細なことでもいいので、制作する側に伝えて欲しい
と思っております。
こんな専門的な事じゃない事言っていいものかと遠慮されてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、情報が多ければ多いほどクライアント様のイメージにより近い形に制作をする事が出来ますし、より多くのデザインの提案をする事が可能になってきます。

もし相手に伝わりにくいかなと思う場合には、
参考サイトのアドレスを一緒に確認してもらう
のがいいと思います。

参考サイトがあると一目で分かりますし、もしデザインの雰囲気も伝えやすいのでオススメです。

競合他社様のサイトを参考にするのもいいですし、今では「サイトデザイン」などで検索すると色々なサイトデザインを集めたサイトも出てきますので、その中からイメージに合うものを提示するのもいいと思います。


サイトの仕様はしっかり伝えましょう!

次にヒアリングする事は、実際にサイトにどのような機能を付けたいかという事を聞かせていただいております。

・ページの一番上の所にスライドショーを入れて欲しい
・スクロールした時にこの画像がふわっと見えるようにして欲しい
・自分でブログや画像を更新出来るようにして欲しい


などお客様のご希望を聞かせていただき対応させていただいております。

今、制作するサイトで多いのはクライアント様自体でブログや画像などを自分で更新できるシステムCMS(Contents Manegement System)を使用する方が多くいらっしゃいます。
私の制作事例で多いのはWord Pressが多いです。

こちらのシステムを使用すれば、自分の手の空いた時間(営業時間外や休憩中)にサイトの修正や更新をする事が出来るようになりますので多くの方がご利用されています。 また拡張性も高く応用して様々な更新をする事が可能になってきてます。
今まで更新をする時にサイトを制作した担当者に連絡して更新してもらうとどうしてもタイムラグが出てしまうので、即時に更新できるのが最大の魅力になっております。

上記で述べたプログラムの導入等は制作時間に直結してくるので、なるべく早く制作側にお伝えいただきたいです。
制作途中でも対応は可能ですが、プログラムの大幅な改変が必要になる場合があります。 納期に間に合わなかったりという最悪な自体を避ける為にも出来るだけ早くお伝えいただけるようにお願いさせていただいております。


こちらもデザインの時と同様に些細なことでも構いませんので、なんでも制作側におしゃってください。


大事なのは密なコミュニケーション

今回はヒアリングを所を説明させていただきました。

このヒアリングのところが制作の上で一番重要な部分であります。 ここでクライアント様と制作側の意思疎通をして良いものを作り上げていきます。

なので、一番大事な事はお互いにコミュニケーションを密に取ることではないかと思います。
お互いに意見を言いやすい環境づくりや雰囲気を一緒に作り上げる事が出来れば、制作も円滑に進む事が出来ると思います。




是非とも参考にしていただけば幸いです。 それでは!